“蛮風”の読み方と例文
読み方割合
ばんぷう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時、宋朝の文化は、帝室や都府の中心では、はやすばらしい発達途上を示してもいたが、未開大陸の僻地では人肉嗜食蛮風などがなお一方にはのこっていたらしい。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)