“診”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
97.2%
しん1.7%
0.6%
みせ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主治医としてN博士とその助手が二人ほどに来たばかりで、百万長者の生命を治療するのには、たいへん貧弱すぎたと考えられる。
仲々死なぬ彼奴 (新字新仮名) / 海野十三(著)
〔評〕南洲を病む。英醫偉利斯之をして、勞動む。南洲是より山野に游獵せり。人或は病なくして犬をき兎をひ、自ら南洲を學ぶと謂ふ、なり。
けん時分の事で、此の宿では第一等の医者だというのを宿主人が頼んでくれましたが、まるで虚空蔵様化物見たようなお医者さまで、って薬と云っても、漢家の事だから
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見てヤレ/\夫は御手柄々々先生の事ゆゑ定めし斯あらんと存じ仰付られり醫師も燒酎白木綿玉子とも調ひ置候なりと云つゝ半四郎倶々新藤夫婦を奧へひ醫師に市之丞の疵口をせ療治を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)