“みせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
75.3%
見世9.4%
3.4%
2.2%
店舗1.5%
1.1%
店頭0.7%
0.7%
0.7%
一階0.4%
酒場0.4%
商館0.4%
0.4%
店舖0.4%
店蔵0.4%
本店0.4%
0.4%
翌日舗0.4%
舞台0.4%
0.4%
露天0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は、をはなれると、しました。ちょうどそのとき、横合いから、演習にいった兵隊さんたちがをさえぎりました。
少女と老兵士 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「あつしは北の國で、歌舞の菩薩の見世を一と廻り拜んで、向柳原へ歸つて寢てしまひましたよ。月待ちと洒落るほどは金がねえ」
客窓の徒然むるよすがにもと眼にあたりしままジグビー、グランドを、文魁堂とやら云えるにてうて帰りぬ。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「この下物、一は漢書、二は双柑、三は黄鳥」といふ洒落た文句で、よしんば一つ無かつたにしろ、酒はうまく飲ませたに相違ない。
唐船が帆ばしらをべ、街には、舶載物を売る店舗や、武具をひさぐ商人が軒をならべ、裏町には、京やから移住して来た工匠たちが、糸を染め、を鍛え、陶器を焼き
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その広いに並べてあって、その中には、外国人がクリスマスに食べるようなパイや、その他種々な生菓子が並べてあると、一方のの中には、栗饅頭や、金つばや
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
店頭の方で前後して鳴る無数の時計の振子がてんやわんやに聞こえてくる。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とその時にお作が云ったのに対して、シンカラ首肯いてた事を、福太郎は今一度ハッキリと思い出させられた。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
大都の商人に長少打交り四、五人もあるべし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
一階は相変らず男達の体臭で充満していた。出納の記帳台に納っていた白板面が、係長の眼を盗んで槇子へ下手くそなウインクを送ってよこした。
罠を跳び越える女 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
「ええ、いいわ、……一階の給仕があんたを呼んでるわよ。ほら……」
罠を跳び越える女 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
けれども、女が黙り込んでそれに答えないと、いままでカウンターに肱を突いて、女と話し込んでいたらしい酒場の亭主のほうへ、向き直りながら話しかけた。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
酒場の前を避けるようにして、霧次伝いにさっきの場所まで引返して来た女は、そこの街燈に照された薄暗の中で、倉庫の板壁へ宮守のようにへばりついたまま
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
「ねえ。長春から又手紙でもよこしたの? 商館の方へでも逢ひに來たの? こりやをかしい默つて居るのはをかしい。おや笑つたのは尚をかしい。さうに違ひ無い。くやしいッ」
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
このばかりはその汚さといったらないから、の客は一人も入らぬのであるが、昨日は一日仕事をしたから、御覧なさいこの界隈にちょっと気の利いた野郎達は残らず綺麗になりましたぜ
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
も素姓もわかりませんが、近所の評判もよく、店舖も確かで、何んの仔細もなく過してゐるうち、今から丁度一ヶ月前、ある夜曲者が忍び込んで、入口の六疊に休んでゐる市太郎老人を斬り殺し
大門通りは大商家が、暖簾をはずし、土に目をたてて、打水をすましてしまうと、何処もひっそりしてしまって、大戸をおろした店蔵の中では、帳合がすむと通いの番頭さんは住居に帰り
本店めて荷作りをしたり、物を持ってお顧客様へお使いをしたり、番頭さんに睨まれたり、丁稚に綽名を付けられたり、お三どんに意地悪くあたられることは、どうにも私の嗜好に合わない。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
高位高官の宿坊であり、鬼の金兵衛さんがパリパリさせていたではあり、そこへこの新智識の才子が大事の娘の恋婿である。言うことに行なわれないことはない。吉原の改革はズバズバと行われた。
そして、翌日舗に出ていても仕事をする気になれないので、また口実を設けて外へ出て、そのまま双茶坊の白娘子の家へと往った。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
手妻の一点張りで舞台を張ってみてえ気もあってひとつ根限り、幻妖摩訶不思議てえところを腕によりをかけて見せてえ気もちも大きにあるのだが、ついては、新奇のをつくって
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
見てヤレ/\夫は御手柄々々先生の事ゆゑ定めし斯あらんと存じ仰付られり醫師も燒酎白木綿玉子とも調ひ置候なりと云つゝ半四郎倶々新藤夫婦を奧へひ醫師に市之丞の疵口をせ療治を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夏場の市はからきし不景気で、ツ半時分だと露天日覆の影もそう長くは延びていない頃だのに、は人影もまばらで、熱い陽あしがはすかいに背中をるばかりだった。
蕎麦の花の頃 (新字新仮名) / 李孝石(著)
「そうするか。わしのためには、可愛いい弟子だったが、悪にられた今となっては、をふるって首を斬ることにするか。おおもう四十分経った。金のやつ、ぐっすり寝こんでいる頃じゃ」