“幻妖”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げんよう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幻妖”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「世に理のなき妖術などがあろうか。武夫もののふたるものが、幻妖げんようの術に怖れて、木の根にすがり、大地を這い、戦意を失うとは、何たるざまぞ。すすめや者ども、関羽の行く所には妖気も避けよう」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
泥沼に陥没かんぼつしかかった旅人のように、無暗矢鱈むやみやたら藻掻もがき廻るその裸形らぎょうの男三人、時に赤鬼があばれるように、時にまた海坊主がのたうち廻るような幻妖げんようなポオズ——だが、それも極めて短い瞬間の印象でなければならぬ。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)