電気風呂の怪死事件でんきぶろのかいしじけん
井神陽吉は風呂が好きだった。 殊に、余り客の立て混んでいない昼湯の、あの長閑な雰囲気は、彼の様に所在のない人間が、贅沢な眠から醒めたのちの体の惰気を、そのまま運んでゆくのに最も適した場所であった。 それに、昨日今日の日和に、冬の名残が冷んや …
作品に特徴的な語句
あったま きっかけ ねら おろそ しょう 眼眩めま はずか とっ 裸体からだ いつ いん ただち 此間このあいだ てる たずさわ あわた こころざ よそ はっき つれ 俯伏うつぶし あたたか 唐突いきなり ささ いきお はず 肉塊にっかい 掌上てのうえ かか へり あるい はば くつが 最中さなか 姿態したい だい ころが 執念しつこ かたま あた ねむり よこたわ ほっ かえ 顴骨けんこつ かえりみ ならび 熱湯ねっとう 光芒ひかり あが めっ 白昼はくちゅう 衝突ぶつか べに 形作かたづく はじ めぐ 血染ちぞ 差支さしつか おぼ はなはだ おそ 蝋引ろうび たす つい たず あお 尖端さき つたわ 下部かぶ 着衣ちゃくい 嫋々なよなよ おど 何故なにゆえ 扉口ドアぐち 汽罐きかん へん 自家じか まる