蕎麦の花の頃そばのはなのころ
夏場の市はからきし不景気で、申ツ半時分だと露天の日覆の影もそう長くは延びていない頃だのに、衢は人影もまばらで、熱い陽あしがはすかいに背中を焙るばかりだった。村のものたちはあらかた帰った後で、ただ売れはぐれの薪売りの組がはずれの路傍にうろうろ …
作品に特徴的な語句
なな えろ くせ いち 日覆ひおい 静謐しず 想出おもいで 下衣こい いた におい たれ こわ ぱな 流失なが 痙攣ひきつ おい みち 露天みせ 馬勒くつわ もた 一途いちず 今宵こよい 仔馬こうま 仰山ぎょうさん 冶師やし かく 博打ばくち かな つぶや 呶鳴どな 啖呵たんか あえ いなな うわさ 堅気かたぎ 大尽だいじん なぶ 屑物くずもの ひら けわ 度胆どぎも 忸怩じくじ 恰好かっこう しお たの 我鳴がな 手繰たぐ ほう くく こしら 敦圉いきま たた 易々やすやす さら そばだ 殿しんがり ごと 気圧けお はな わた そそ 火照ほて あぶ 焚火たきび 煙管きせる 煩悩ぼんのう 生姜しょうが 目脂めやに 相槌あいづち まぐさ すく むしろ ほうき 粗忽そこつ きぬ 縹緻きりょう 罵声ばせい 聴手ききて もも 臆劫おっくう 莫迦ばか 蕎麦そば はえ 行李こうり あか あか