“つれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
44.6%
15.2%
同伴13.0%
10.4%
伴侶4.7%
2.8%
同伴者1.6%
無情0.9%
0.6%
同遊0.6%
拘引0.6%
仲間0.3%
伴者0.3%
火伴0.3%
侶伴0.3%
同志0.3%
同行0.3%
夥伴0.3%
強顔0.3%
0.3%
0.3%
行伴0.3%
0.3%
連者0.3%
配偶0.3%
随伴0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すぐ次の狩に出た時には、彼はほとんどおとなになりきった若い熊を殺し、またその次には大きな雄熊とその雌熊とを殺しました。
負けない少年 (新字新仮名) / 吉田甲子太郎(著)
暫くしてから氷に手を添へた心程身を起して気恥しさうに鏡子がを見廻した時、まだ新しい出迎人の二人も影は見えなかつた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
といつて、だかだか、帽子つてをふいた。がはげてゐる。……はずると、同伴苦笑ひをしたのである。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「なぜ、そのようになくなさいます、あなた様のお身の上もお聞き申さねばならず、私の身の上もお話し申し上げねばなりませぬ」
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
自分は三沢とかず女の話をした。彼のるべき人は宮内省に関係のある役人の娘であった。その伴侶は彼女と仲の好い友達であった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「そんだがれお内儀さんからなんぞにやだからわしなんざえもしいもねえなんだが」自分不運へるのに
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
市を出はずるる頃より月明らかに前途を照しくるれど、同伴者も無くてただ一人、町にて買いたるを食いながら行く心の中いと悲しく、銭あらば銭あらばと思いつつようよう進むに
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
吾輩の足下に大波瀾を捲き起して消え失せた友吉親子と、無情なく見棄てられた二人の芸妓の事を思うと、何ともいえない悽愴たる涙が、滂沱としてまるところを知らなかったのだ。……
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
喬は道が遠くて賓娘にのないのを心配した。賓娘はいった。
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
と見れば軍艦羅紗の洋服を着て、金鍍金徽章を附けた大黒帽子を仰向けざまにった、年の頃十四歳ばかりの、栗虫のようにった少年で、同遊と見える同じ服装の少年を顧みて
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
彌勒町なる吉野屋へ拘引て行て渡さうかそれよりに濱松へ賣てるが早道だイヤ/\歩行と引立るに女は涙聲はせ私は其樣な者ではない二世し夫の有身金がくば此に知る人あれば其家まで行たる上は幾干でもみの通り上ます程に何卒して/\と詫るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これからはお仲間が出來まして、こゝに暮らしますのは、どんなに樂しいことでせう。それはねえ、何時でも樂しいには違ひございません。
私は、椅子を少し彼女に近く寄せて、彼女が豫期した程のいゝお仲間に私がなれるようにといふ、私の心からの希望を述べた。
「どうして伴者はくることか」
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
「おつつけ伴者のくる時刻
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
さて深く息して聲を出すに、その力、そのさ、能くかく迄に至らんとは、みづからも初より思ひかけざる程なりき。火伴のものは覺えずなる聲にて喝采す。
ベルナルドオ、昨夜の火伴の二人三人は我に先だちて座にありき。姫のいはく。きのふ絃歌の中にて「テノオレ」の聲のいと善きを聞きつといふ。我面はこの詞と共に火の如くなりぬ。
侶伴は、校長閣下ではない。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
人目くるは相身互ひ、浮世には、身一つでさへもいくらゐ、同志はずともと、もうをのみうて、人目くる其人をば此方からもけました。
同行の佐々木君は馬車に乗ると、かならずからだを悪くすると言うので、十二里に少し遠い花巻まで歩くこととした。
黄昏 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
われも昔はかゝる兒どもの夥伴なりしに、今堂上にありて羅馬の貴族に交るやうになりたるは、いかなる神のみ惠ぞ。われはの蔭にきて神に謝したり。
寧ろ強顔なくされたならば、また思い切りようも有ろうけれども……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
うまんとてるを漁師のことばににつくざれにつくともいふ。(沙をほるにさま/″\のかたちをなすゆゑ、ざれことのざれならん)女魚男魚ともに尾をもて水中る。
が草を刈って来て喰わせる時も毒な草がって居ちゃアいけねえからと思って、茅草ばかり拾って喰わせるようにしたから、い坂をるにもえ顔を一つした事はねえで
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
宅では商人の行伴来りてこの家の子は竜宮へ往ってしもうたとせたので、眷属宗親一処にまり悲しみく、ところへまたかの者生きて還ったと告ぐる者あり
あまりといえばない奥様のなされかた、——よし不義のそもそもから旦那様の御耳に入れて、御気毒ながらせめてもの気晴に、奥様の計略の裏を掻いてくれんと、私は女の本性を顕したのです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「おいおい、俺たちにそんな連者はねえ筈。滅多な野郎をここへ通しちゃいけねえぜ」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「赤前垂に赤い片襷、揃ので皆んな素足だ、よくもあんなに綺麗なのを五人も揃えたと思うと、亭主の造酒助よりもその配偶のお余野というのが、大変な働き者だったんですね」
紳士の随伴と見える両人の婦人は、一人は今様おはつとかえる突兀たる大丸髷、今一人は落雪とした妙齢の束髪頭、れも水際の立つ玉い、面相といい風姿といい、どうも姉妹らしく見える。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)