“滂沱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼうだ94.6%
はらはら2.7%
ばうだ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、今まで毅然として立っていた、直也の男性的な顔が、妙にひきつッたかと思うと、彼のい頬を、涙が、滂沱として流れ落ちた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
やがて彼は何の得るところや有りけん、き涙は滂沱を伝ひてれぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と、今まで毅然として立つてゐた、直也の男性的な顔が、妙にひきつツたかと思ふと、彼のい頬を、涙が、滂沱として流れ落ちた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)