“はらはら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
飜々28.6%
惴々14.3%
滂沱14.3%
漣々14.3%
潸然14.3%
龍鍾14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此に悚然としたに、一度すぼめた袖を、はら/\と翼の如くいたのは、紫玉が、可厭しき移香を払ふとともに、高貴なる鸚鵡を思ひ切つた、安からぬ胸の波動で、飜々とふるひながら
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「余り蒲田が手酷い事を為るから、僕も、さあ、それを案じて、惴々してゐたぢやないか。嘉納流も可いけれど、後前を考へて遣つてくれなくては他迷惑だらうぢやないか」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
やがて彼は何の得るところや有りけん、き涙は滂沱を伝ひてれぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
女の目よりは漣々れぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と言ひ乍ら握つたものを出すと、俯いたお利代の膝に龍鍾の様な涙が落ちる。と見ると智恵子はグツと胸が迫つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)