“ひらひら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
飜々53.3%
翻々20.0%
片々6.7%
翩々6.7%
閃々6.7%
飄々6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
出島に近い船繋場には、和船に混って黒塗三本阿蘭陀船や、の上った寧波船が幾艘となく碇泊し、赤白青の阿蘭陀の国旗や黄龍旗飜々と微風にいている。
北の方の空は青くでいる。遠くに連っている町の頭が犇々って固っている。ぎらぎらとするのは瓦家根が多いからであろう。翻々と赤い旗も見える。長い竿の先に白い旗のるのも見える。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
と金袋の口を開いて、黄金の片々を彼等の頭上に霰と降らすのであつた。そして私達が加害者の襟首をつかまへて
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
自分の隣に坐っていたお重が「大兄さんの時より淋しいのね」と私語いた。その時はや太鼓を入れて、巫女の左右に入れう姿ものように翩々華麗に見えた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
同じほどの火影の又ふと見れば、早くも薄れ行きて、こたびは燃えも揚らず、消えも遣らで、少時を保ちたりしが、風のの絶間をみて、閃々納屋の板戸を伝ひ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
物を言う時には絶えず首をかす、其度にリボンが飄々と一緒にく。時々は手真似もする。今朝った束髪がもう大分乱れて、後毛が頬をでるのを蒼蠅そうに掻上げる手附もい。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)