“阿蘭陀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
オランダ87.0%
おらんだ13.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の言うところには、丹後守は、弓馬刀槍の武芸に精通し、和漢内外の書物を読みつくし、その上、近頃は阿蘭陀の学問を調べていると。
そこで大船を求めしめた処が、丁度平戸沖に阿蘭陀船が碇泊しているのを知った。直ちに廻送せしめ、城へ石火矢を放たせた。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
承塵造りの塗ガマチに赤銅七子の釘隠しを打ちつけた、五十畳のぜいたくな大広間の正面に金屏風を引きまわし、阿蘭陀渡りの大毛氈を敷きつめ
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
爲しをり不※阿蘭陀の名醫より傳習したりし稀代妙藥テレメンテーナと稱物にて則ち癲癇良劑なり然れども今のならず阿蘭陀人より傳へられたる奇藥
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)