“ともな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トモナ
語句割合
96.4%
1.4%
0.7%
共鳴0.7%
同伴0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信長には、用心ぶかい家康などには、到底、空想もなし得ない経綸雄志と、壮大極まる計画があった。理想にう実行力があった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すべて生物学上から見ても心理学上から見ても生殖の業およびこれにう感触がすこぶる死に近い。
學院はして子弟はしむれば、なるが同窓めらる。街西僧院りて心靜かにましむるに、ることなるに、和尚のために狂暴へらる。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さうして、この「感じ」が一つ一つ認められるとともに、また全体が共鳴りして、絶えまない水の流れゆくやうな交響楽を奏するのである。
(少くも曼陀羅の境地へ悟入るには、思考と行動とが同伴わなければいけないらしい。……少くも俺は、この紙帳の内と外とで、善悪共に、思考え且つ行動ったのは事実だ)
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)