“船子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふなこ77.8%
かこ22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ一呑屏風倒れんずるじさに、剛気船子啊呀と驚き、の力を失うに、はくるりと波にれて、船はきぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
□「浪除杭打付かった溺死人は娘の土左衛門で小紋の紋付を着て紫繻子の腹合せの帯を締めて居る、い女だが船子が掛けてやった」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
川尻が近づいたと聞いた時に船中の人ははじめてほっとした。例の船子は「唐泊より川尻押すほどは」とっていた。荒々しい彼らの声も身にんだ。
源氏物語:22 玉鬘 (新字新仮名) / 紫式部(著)
船子よ船子よ疾風のなかに帆を張ると死ぬがごとくに叫ぶ船子等よ
樹木とその葉:03 島三題 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)