肌色の月はだいろのつき
運送会社の集荷係が宅扱いの最後の梱包を運びだすと、この五年の間、宇野久美子の生活の砦だった二間つづきのアパートの部屋の中が、セットの組みあがらないテレビのスタジオのような空虚なようすになった。いままで洋服箪笥のあった壁の上に、芽出しの白膠木 …
作品に特徴的な語句
そう うら きつ 商標プラウト はま かけり たかし しずく ほう なす たい くた 肉付モデリング ほう 応用アダプト おり にち 昼食ひる とが 栂尾とがお じょう 片下かたさが から 発条ぜんまい 見事ほうが 刺繍ぬいとり 十足とおたり 山林やま 面擦めんずれ 共犯とも そら 細々こまごま 筋隈すじぐま 釉薬うわぐすり 階下した 緋裏ひうら ふいご 破家あばらや 睡気ねむけ 真甲まっこう 魚籠びく 上前うわまえ から わが 縁石へりいし 郷里くに 退引のっぴき 肌色オータル 胡散うさん きし にじ 腰板パネル とも 黄土おうど 色糸いろいと さと 苦手にがて 冠疾かんしつ すく 後追あとお ゆる 帷子かたびら 宿やど 宅参たくまい 和蘭オランダ 呼吸いき 厚顔あつかま くく 保合もちあ なか 交際つきあ 乾反ひぞ 両鬢りょうびん 下部しもべ 下眼しため 海緑ヴェル・マレエ 生憎あいにく たけ 牛脂グリース 片闇かたやみ 父娘おやこ 灰鼠はいねず 溷濁こんだく 湛水たんすい しび さら 洒々しゃあしゃあ 汚点しみ 気圧けお 樹牆じゅしょう 柿葺こけらぶき いわ あやつ