“苦手”の読み方と例文
読み方割合
にがて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝあの百合子と云う子供は私に苦手だ。よく泣くし先生に似て、シンケイが細々として、全く火の玉を脊負っているような感じだ。
放浪記(初出) (新字新仮名) / 林芙美子(著)
のみならず中には、多少易経の端を読みかじッている手輩などもあって、素見のうちでも売卜者たちには苦手な部類の者と見たので
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは勝治にとって、最も苦手の友人だった。けれども、どうしても離れる事が出来なかった。そのような交友関係は人生にままある。
花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)