“色糸”の読み方と例文
旧字:色絲
読み方(ふりがな)割合
いろいと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“色糸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「胸のところに色糸いろいとでK・Uという頭文字が刺繍ぬいとりしてある……君の名は栂尾とがおひろ、当然、H・Tでなければならないわけだ」
肌色の月 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
きぬでまりましろきなりに春のきてかがる色糸いろいとみなもつれたり
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)