“共犯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐる50.0%
とも50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
してみれば共犯に相違ない。それならここはわざと無難に落してやって、跡をけて大きな網を被せるほうが巧者だと考え付いて、三次、静かに男の後姿を凝視めていた。
「大池の伜というのは、いったい何者なんだ。そんなやつに共犯を預けて、安心していられるのか。裏でどんなりあいになっているか、わかったもんじゃない」
肌色の月 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)