“共犯者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうはんしゃ50.0%
きょうかんしゃ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれらはそのときになって、わたしがその男の共犯者であるかどうかめて決めようと言うのである。
わたしの友人たちはわたしが現場がいなかったという証言をしたけれども、検事は、いや、寺へ行って共犯者に出会って、それから「大がしの宿屋」へかけて行く時間はじゅうぶんあったと言った。
なお一人の共犯者に対しては、追跡中であるからほどなく捕縛手続きをするはずである。