“検事”の読み方と例文
読み方割合
けんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは検事と二人になった。じっとわたしの顔を見つめながらかれは、わたしが雌牛をぬすんだとがで告発されていることをげた。
検事がもしバルブレンのおかみさんを調べることになると、せっかくの雌牛がちっとも不意ではなくなること
かれは白パンの大きな切れとたい子牛の肉を持って来て、これは検事さんからのだと言った。