“もったい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
勿体99.1%
勿躰0.6%
物体0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
読方だって、何だ、大概大学朱熹章句くんだから、御経勿体ないが、この山には薬の草が多いから、気の所為か知らん。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今更未練が出てお勢を捨るなどという事は勿躰なくて出来ず、と言ッて叔母に詫言を言うも無念、あれもなりこれも厭なりで思案の糸筋がれ出し、肚のでは上を下へとゴッタ返えすが
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
(チョコレエトを一匙飲む。物体らしく。)