“読方”の読み方と例文
旧字:讀方
読み方割合
よみかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
読方だって、何だ、大概大学朱熹章句くんだから、御経勿体ないが、この山には薬の草が多いから、気の所為か知らん。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今日も、ローズ・ブノワさんは読方ったところをちっとも間違えずに諳誦しました。それで、いいおをいただきました。
母の話 (新字新仮名) / アナトール・フランス(著)
つるは私を、村の小学校に連れていって、たしか三年級の教室の、うしろにひとついていた机に坐らせ、授業を受けさせた。読方は、できた。なんでもなく、できた。
新樹の言葉 (新字新仮名) / 太宰治(著)