“読者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どくしゃ22.2%
よむもの22.2%
どくしや11.1%
ドクシャ11.1%
あなたがた11.1%
おかた11.1%
フアン11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
索引は五十ちたり、読者便利正式仮名によらず、オとヲ、イとヰ、のきものにれたり
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
貧民等れてたちさり、ものゝかげより見居たるに、此ものにうちあげられしを見て人々立よりみたるに、文字はあれども読者なく、是は何ものならんとさま/″\たるをりしも
読者よ、かくのきは宮殿の一ぎない。片扉にして、たる一さへこれである。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ヨキ文章ユエ、真実読者、スナワチチテ、ガタメ、マコト乾杯イッ! トビアガルホドノアツキ握手
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
親父が寝付いたに内職を致すのだから何程の工銭も取れません、売り喰いに致して居りましたが、末には、何うも致方がない、読者は御存じがありますまいが、貧乏人の身にある事で米薪が切れる
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そういう皮肉な読者には弱る、が、言わねば卑怯らしい、裸体になります、しからずんば、辻町が裸体にされよう。
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
詩人 あ、鴨子嬢だ。僕の天使だ。僕の詩の唯一の読者だ。上り給へ。(出て行つて、若い女の手を引張つて来る)
世帯休業 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)