“礒”の読み方と例文
読み方割合
いそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
○さて此標準たる実事をきゝしに、北海はいづれの所も冬にいたれば常に北風しくへ物をうちよする、椎谷はたきものにとぼしき所ゆゑ貧民拾ひ取りてとなす事常なり。
先祖が生國ときく甲斐の差手に、千鳥君が千代をば八千代となく景色さぐりがてら、厭氣の出づるまでのあたりの山家にしばし引こもらんといふ、妻は此地に育だちたる人なれば
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
○さて此標準たる実事をきゝしに、北海はいづれの所も冬にいたれば常に北風しくへ物をうちよする、椎谷はたきものにとぼしき所ゆゑ貧民拾ひ取りてとなす事常なり。