“便利”の読み方と例文
読み方割合
べんり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところがだん/\進歩するにつて石塊多少細工へ、つてすに便利にこしらへるようになりました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
二日めで、はやこうしてく。いといっても便利じゃ。」と、母親は、まだ汽車のなかったときのことを、えていました。
母の心 (新字新仮名) / 小川未明(著)
したんぢやないんですが、あの費用隨分るので、いくら便利でも、さうえるかないんださうです」と小六へた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)