“傾城”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けいせい98.0%
けいじょう2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山に誓い、海に誓い、神ほとけに誓っても、それは傾城遊女の空誓文と同じことで、主人がそれを反古にするのは何でもないのである。
番町皿屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
嵯峨御室」で馴染の「わたしゃ都の島原できさらぎという傾城でござんすわいな」の名文句から思い出の優婉な想像が全く破れる。
多情卿是傾城種 多情傾城
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)