“まれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マレ
語句割合
91.5%
4.0%
3.2%
0.8%
0.4%
稀少0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この不思議な退化をなしつつある少女は一つのな才能を示すやうに見えた。それは彼女の素描にあらはれる特殊な線の感じにて。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
ボルゲエゼの別墅に婚禮あり。世になるべき儀式を見よ。この風説は或る夕カムパニアなるドメニカがあばら屋にさへ洩れ聞えぬ。
酒は余り飲むな? はあ、今日のやうに酔うた事はです。い、折角の御忠告ぢやから今後はい、気を着くるです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかし局に対することがであった。これは自らめてらざらんことを欲したのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
人には各自に何事かの秘密あるものなり、とは詩家某の曰ひしなるが、恨むらくは此言に洩るゝものゝ甚だなるを。
各人心宮内の秘宮 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
奥州……花巻より十余里の路上には、立場三ヶ所あり。その他はただ青き山と原野なり。人煙の稀少なること北海道石狩の平野よりも甚し。
遠野の奇聞 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)