“緻容”の読み方と例文
読み方割合
きりょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やはり秀八のずば抜けた緻容と、な辰巳肌のうちに、どことなく打ちっているれの美しさが、通船楼で見た時から受けたつよい魅力であった。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)