“紙卷煙草”の読み方と例文
新字:紙巻煙草
読み方割合
かみまきたばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屋臺店を大きくした程の停車場を通り拔けると、小池は始めて落ちついた心持ちになつたらしく、燐寸つてゆツたりと紙卷煙草を吹かした。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)