“大正十四年”の読み方と例文
読み方割合
たいしようじゆうよねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其例をとるならば、大正十二年關東大地震非局部性であつて、大正十四年但馬地震昭和二年丹後地震局部性であつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
明治二十七年六月二十日東京地震最初から十五秒間しい震動りをげ、大正十四年但馬地震二十秒間全部んどまり
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
大正十四年五月二十三日但馬地震て、震原地れる田結村ては、全村八十三戸中八十二戸れ、六十五名村民潰家下敷となつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)