“招来”の読み方と例文
旧字:招來
読み方割合
しょうらい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまの世は、その地蔵菩薩でも招来せねば助かりようもない時勢というてもよいでしょう。そんな波風へ立って行くそなたたちじゃ。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところが、その中の一名で、しかも三木一城の今日の運命を招来した発頭人であるところの別所賀相が、いつのまにか姿をかき消していた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寧子と自分との結婚の工作が、このところ好転しかけているものを、自分でぶちすような結果を招来するれもある。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)