“ひらくも”の漢字の書き方と例文
語句割合
平蜘蛛100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
給仕人が平蜘蛛ひらくものようになって謝っているがどうしても許さないのです。
お蝶夫人 (新字新仮名) / 三浦環(著)
其前には十七許りの職人が平蜘蛛ひらくもの如くうづくまつてゐる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)