“量無”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はかりな100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼のたるダイアモンドはさせる大いなる者ならざれど、その棄去りし人の誠は量無はかりなきものなりしが、嗟乎ああ、今何処いづこに在りや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かへりて人にあはれまるるなんど、その身には量無はかりなさいはひくる心の内に
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)