“そん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソン
語句割合
30.5%
其様21.7%
14.3%
其樣8.9%
5.4%
左様4.4%
3.9%
2.0%
1.0%
1.0%
1.0%
然様1.0%
1.0%
那様1.0%
0.5%
其處0.5%
斯様0.5%
然樣0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の人も色々なってをいたして居りますが、漸々金策を致しまして三千円持って仕入れに参りまして、春見屋へ来まして。
主「親分、なんで其様な足腰の立たないものをお縛りなさるのです、ア名主様へ引かれるような罪を犯した覚えはございません」
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
此樣な時に、もしから誰かに來て呉れたら、自分は何樣なにしかツたか知れぬ。併し其樣な事を幾ら考へてゐたツて無駄だ。
水郷 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
百石でも別當はこの土地領主で、御前ばれてゐた。代官があつて、領所三ヶ政治つてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
此方左様な事は知りませんから、明日は来るに違いないとに待って居りました、橋本幸三郎、岡村由兵衞の二人は
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
今日の状態は独り世凱〕政府たるがためのみでなく、袁んで〕が立とうが、〕が立とうが、誰が立とうとも同一である。
三たび東方の平和を論ず (新字新仮名) / 大隈重信(著)
地蔵はだから、何して鼠にかじられべ。鼠こそ地蔵よ。鼠こそ地蔵なら、何して猫にくわれべ。猫こそ地蔵よ。猫こそ地蔵なら何して狼に負けべ。狼こそ地蔵よ。……
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
と、いうのは三筋の、天地人の三脉に添って、の位置からの位置まで斜めにタコが出来ている。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
段右衞門に向ひ是々重四郎ではない段右衞門殿な譯のらぬ強情にしろ今奉行樣のしやる通りだ幾等其方して白状ねばとてがる事は金輪ざいねへ迚も三五郎と申合したかは知ねヱが今とては未練な男だしみみの人間だなア掃部や藤兵衞茂助の二人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ほど、うございますな、にするとにこもつてりますな。「モウ/\も助かるまいと思ひます。「な事をしやつちやアいけませんよ、どうかかりなさい。 ...
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
太閤が然様なことをする人とは思えないばかりで無い、然様なことをする必要が何処にあるであろう。氏郷が生きて居れば、豊臣家はって彼様にはならなかったろう。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大木のあるのは深山であらう、幽谷でなければならぬ。にこれは飛騨山から𢌞してたのであることをいてた。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
も、しなき雨夜へ、ふとけて、したら、きらりと半輪つて二三らすであらう。……実際、ふと那様がしたのであつた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
りし者ならばな非道は云れぬ貴妹の樣な恩知ずの人には此上頼みもすまじ此末共に親類とは思はぬなりと腹れ思ふがに云挨拶もなく立歸るをお粂は顏を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
成程此の事じや、其様に阿父を憎むことは出來ないて!………俺だつて親になるかも知れんのだからな。だが人間と云ふは、親になると、何うして其處な勝手な根性になるんだ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
が、時々斯様なことを思って一つそうして貰って見ようかなどと寝床の中で考えては、ハッと私は何という馬鹿だろうと思って独りでに可笑くなって笑ったこともあったよ。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
段右衞門聲高にしい女め如何樣にべら/\喋舌とも然樣なことは夢にも覺えはれはまアしい阿魔だ女に似合誣言事扨は三五郎のと思ひ違へての惡口ん七人の子をとも女に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
印南、名はは退翁、通称は唯助、一号は木王園である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
昌黎とせず、仔細れば、韓湘らかにつてく、青山雲水子夜瓊液し、寅晨降霞ふ。碧玉調じ、には白珠る。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)