“さよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
左様81.5%
作用9.2%
然様5.0%
佐用1.7%
左樣1.7%
然樣0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
となく心配そうなで、左様々々左様、と、打湿ってってるかとうと、やれヴォッカをせの、麦酒めろのとめる。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
へば鐵砲彈丸遠方ばす原因火藥爆發力であるが、これを實現せしめる副原因引金作用である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
然様でございますよ。その翌晩も亦私が睨むと申すのです。昨夜は自分が悪かったが、今夜は交際でくなったんだから、そんなに怖い顔を
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
播磨佐用郡大広村大字末広字王子高下
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
大岡殿然樣よ/\其大井戸ので有るだらう申さるゝに小僧オヤ御奉行樣には能く御存じで御出なされますと驚くを大岡殿ムヽ三吉其方は利口者なればへ歸つても今云し事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)