“そのよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソノヨ
語句割合
其夜75.7%
其余8.1%
一昨夜5.4%
其様2.7%
其樣2.7%
其餘2.7%
當夜2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう後悔しても取反しが附かなくなって、むことを得ず好加減な口実を設けて別々に内を出て、新富座を見物した其夜の事。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
単に冬子の口供基礎として、其余好加減の想像を附加えるだけの事である。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
一方は五尺ばかりの生垣、一方は黒板塀を前にした下水で、ドブ板の上は、血潮を洗って、一昨夜の跡もありませんが、源吉に死骸の位置を、細々と説明させた上
手品の太鼓を杯洗で鐵がたゝけば、清吉はお房が傍に寐転んで銀釵にお前其様に酢ばかり飲んでを稽古する馬鹿騒ぎの中で、一了簡あり顔の政が木遣を丸めたやうな声しながら
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
取れたるは自業自得と言べし此以後心を改め女色にふ事れと有て其餘なしと申渡され此事落着なしたりけり斯て其日未刻頃吾助お兼の兩人は追放に成しかば何をに行べき方もなく品川宿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さま/″\の奇觀をもめたれば、よりかしき日本らんと、當夜十一拔錨弦月丸とて、東洋滊船乘組まんがため、名港ネープルスまでたのは