“其余”の読み方と例文
旧字:其餘
読み方割合
そのよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて国経が酔臥たるを叔母を車にいだき入れて立かへり、此に生れたるを中納言敦忠といふ、時平の不道此一を以て其余るべし。
単に冬子の口供基礎として、其余好加減の想像を附加えるだけの事である。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
さて国経が酔臥たるを叔母を車にいだき入れて立かへり、此に生れたるを中納言敦忠といふ、時平の不道此一を以て其余るべし。