“そのやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
其樣83.3%
其様16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其樣如何して出來ませう。れば百計塲合には、たとへ海底戰鬪艇永久孤島朽果つるとも、無謀本島出發する出來ません。左樣でせう。
云るゝものかと我が身親子がもせず今日迄しけるは皆此方のなり今更老たる叔母此梅諸共置去にせんとならば勿々はせじ夫ならば其樣白地さまに申給はれと云けるにぞ傳吉大いに迷惑し是は/\叔母や女房を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
婆や、ほんたうに申訳がないのネ、お前が其様に心配してお呉れだから、の心を打ち明けますがネ、私は決して人選びを
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
さア其人口惜しくつてらないから、けたにひない、多助さんさへゐれば其様なことをはないのだから、してくれ。とつてもかない。決してかつたえはない、とる。
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)