“置去”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おきざり57.1%
おきざ42.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここまで身はれ来にけれど、なかなか心安からで、両人置去し跡は如何、又我がんやうは如何など、彼は打惑へり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その時身重であったその女が、作をおとしてから程なく、子供を弟の家に置去に、どこともなく旅へ出て行った。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
いゝよ親方からやかましくつてたら其時可愛想くてかれないとふと朋輩意地惡置去りにてゝつたと
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
らねえを腹ア立てやアがつて、たつた一人の血を分けた兄の置去りにしやアがつてよ、れとふのもが悪いばつかりだ、あゝ口惜しい
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)