“置炬燵”の読み方と例文
読み方割合
おきごたつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その留守を狙つて曲者が入り、置炬燵れてウトウトして居る家内の眼を、後ろから抱きつくやうに突いて逃げ出したさうで——
襦袢一重の女のへ、自分が脱いだの綿入羽織を着せて、その肩に手を置きながら、俊吉は向い合いもせず、置炬燵の同じ隅にれていた。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
床を前に置炬燵にあたっているのが房さんで、こっちからは、黒天鵞絨の襟のかかっている八丈の小掻巻をひっかけた後姿が見えるばかりである。
老年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)