“置屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おきや60.0%
うち20.0%
オキヤ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治四十一、二年の頃、浜町二丁目十三番地俚俗不動新道といふあたりに置屋へて私娼をる家十四、五軒にも及びたり。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
勝手口に近い隣の置屋では多勢の売女が年の瀬に押し迫った今宵一夜を世をてばちに大声をあげて
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
大阪南地宗右衛門町置屋「桂屋」の浜の防空壕の煙の中で、花の如き女形が、絶息してゐた。