“置文”の読み方と例文
読み方割合
おきぶみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以てあたる所存ではおりまする。がただ一つ、兄上の胸底には、いまなお、鑁阿寺置文が、お忘れなくあるのかないのか、それだけが
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兄者。……思い出してください。直義は鑁阿寺置文を今とて夢にも忘れてはおりません。兄者には、いつかあれを、お忘れではないのですか」
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「わが家には、家祖家時公の“置文”というものがあった。これは少弐の家の置文といってよかろう。護符として、大事に肌に持っているがよい」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)