“置土産”の読み方と例文
読み方割合
おきみやげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
憎さも憎し、私はもう悔くて、悔くて、狭山さん、実はね、私はこの世の置土産に、那奴の額を打割つて来たんでさね
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
芭蕉の伝記もあらゆる伝記のやうに彼の作品を除外すれば格別神秘的でも何でもない。いや、西鶴の「置土産」にある蕩児の一生と大差ないのである。
続芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
アア、何という不吉な置土産だ。余りにも念入りなこの悪戯が、何か恐ろしい出来事の前ぶれでなければよいが。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)