“おととい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一昨日96.7%
一昨夜1.9%
一昨0.5%
一晩夜0.5%
姉妹0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
思うてみれば、一昨日さり、中の芝居で見たまでは天王寺の常楽会にも、天神様の御縁日にも、ついぞ出会うた事もなかったな。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
見ると、一昨夜の曲者がここから逃げたものと決めてよかろう、——どうして家を脱け出したか、それが解りさえすれば
一昨かの手紙には、二三日中に帰るとあったよ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一晩夜の晩氷になってたった今まで石神の前に置いてあった、あの美紅姫に寸分わぬではありませんか。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)