“おととい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一昨日96.3%
一昨夜2.1%
一昨0.5%
一晩夜0.5%
姉妹0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日きのうも僕が同じ話をしに来たんですって……一昨日おとといも……ズット前から何度も何度も……アノ僕が……ヘエ……。
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「ああ、わかった。一昨日おとといは、あんなにしんせつにしてやったけれど、いつまでもよわいと、じゃまになるのだな。」
からす (新字新仮名) / 小川未明(著)
昨夜ゆうべ一昨夜おとといもそのずっと前からここに居て、たった今眼が覚めたような顔をして、先に立ったお爺さんの顔を横になったまま見ていた。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
「ところで、旦那、一昨夜おとといは大層な機嫌でしたな」
一昨おとといかの手紙には、二三日中に帰るとあったよ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一晩夜おとといの晩氷になってたった今まで石神の前に置いてあった、あの美紅みべに姫に寸分たがわぬではありませんか。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
姉妹おととい麦藁籠むぎわらかごにゆすらうめ
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)