“鳴呼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ああ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鳴呼”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
破滅か、然らずんば——鳴呼ああ、然し、破滅以外の何物が有り得るか! 何物が有り得ても、恐らく満ち足りることが有り得ないのだ。
青春論 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
私もおくせに駈けつけてみましたが、鳴呼ああこれは一体どうしたというのでしょう。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)