善蔵を思うぜんぞうをおもう
——はっきり言ってごらん。ごまかさずに言ってごらん。冗談も、にやにや笑いも、止し給え。嘘でないものを、一度でいいから、言ってごらん。 ——君の言うとおりにすると、私は、もういちど牢屋へ、はいって来なければならない。もういちど入水をやり直さな …
作品に特徴的な語句
しん はさ 含羞がんしゅう あね こび ごう 一廉ひとかど 云々うんぬん 仕度したく もっ 傲慢ごうまん ひが 億劫おっくう 刺子さしこ つよ 単衣ひとえ うめ のど 喧伝けんでん ああ うそ つぐ 多寡たか 完璧かんぺき うち なお かす ゆる 微笑ほほえ うら こら 恢復かいふく 憫笑びんしょう 所以ゆえん 手甲てっこう はす あざむ ほとん 流石さすが 浅墓あさはか 浅間あさま たた 無闇むやみ しか 熾烈しれつ 率直そっちょく あと だま 矢鱈やたら いの 稚拙ちせつ すく はず ひも つむぎ こん 紺絣こんがすり たま 耳朶みみたぶ 脚絆きゃはん 腫物はれもの せり 苹果りんご 茹蛸ゆでだこ 草鞋わらじ すさ こも かや つぼみ 薔薇ばら うね 行李こうり はかま すそ ふすま 見窄みすぼ のぞ 貫禄かんろく いや 足袋たび 身体からだ ぜに はさみ むち すこぶ 頽廃たいはい 顛末てんまつ 顰蹙ひんしゅく