“病死”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びやうし55.6%
びょうし22.2%
びようし22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けるに三藏は近年病死致し私しは當年廿五歳なれば廿二三年の事は一向覺えなしと云にぞ然らば廿二三年の奉公人の宿帳
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
は、渺茫たる海原想像して感歎ちました。龍夫父親は、南洋会社めていて、その病死したのです。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
また松島では、老母少女とがせてつてありましたが、これはめし祖母孫娘とが同時病死したものをつたものとはれます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)