“龍夫”の読み方と例文
読み方割合
たつお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな冗談をいった龍夫は、そのくなろうとするおり、急性肺炎にかかって、ほんとうにんでしまいました。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
は、渺茫たる海原想像して感歎ちました。龍夫父親は、南洋会社めていて、その病死したのです。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ラジオは、天気予報時間に、台風づいたことを警告していました。源吉は、龍夫のいた時分のことをした。なんでのいったことをれよう。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)