“龍膽”の読み方と例文
新字:竜胆
読み方割合
りんだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばたにいて龍膽さんにけてれました。龍膽桔梗さな草花で、よく山道なぞにいてるのをかけるものです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
水剪紅羅龍膽赤熊百合本物女性美よりも、おまへたちのが、わたしはだ。んだ花よ、むかしの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
山懷に、ひかさなる錦葉に、眞赤龍膽が、ふさ/\と二三してく。……
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)