“警告”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けいこく77.8%
いましめ11.1%
ケイコク11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“警告”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)15.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ラジオは、天気予報てんきよほう時間じかんに、台風たいふうちかづいたことを警告けいこくしていました。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
かれはわたしにじゅうぶん気をつけるように言い聞かせたが、その警告けいこく必要ひつようはなかった。
巡りて警告いましめ夏樹なつきずゐにきざむ。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
心当リノ者ハ注意セラルルヨウ此段コノダン為念ネンノタメ警告ケイコクス。