“長雨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ながあめ58.8%
ながめ23.5%
ながさめ17.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長雨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集4.8%
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
長雨ながあめのあとで、水勢すゐせいどう/\として、うづまいながれ、蛇籠じやかごうごく、とある。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
長雨ながあめの中に旗をらした二万トンの××の甲板かんぱんの下にも鼠はいつか手箱だの衣嚢いのうだのにもつきはじめた。
三つの窓 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
彼岸ばな今はおどろと卷鬚まきひげしゆもしらけたり長雨ながめふりにし
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
彼岸ばな今はおどろと巻鬚まきひげしゆもしらけたり長雨ながめふりにし
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
いつか世の中は長雨ながさめにはいり出していた。十日たっても、二十日たっても、それは小止おやみもなしに降りつづいていた。
ほととぎす (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
そのうちに六月になった。月初めからずっと長雨ながさめが続き、此頃はとりわけてあの方もお見えにならなかった。
かげろうの日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)